雷鳥社

「草の辞典」

知れば知るほど愛おしい、身近な草花の魅力

散歩の途中で目にする草花。普段気にも留めない雑草たち。
「草の辞典 野の花・道の草」は、そんな植物一つひとつに目を向けた、見過ごしがちな景色の中に気づきや楽しさを教えてくれる一冊です。

第一章では美しい写真とともに草花と花言葉の紹介を。第二章では、草や花にまつわる言い回しや季語、名言などを集めています。さらにはかわいらしいイラストとともに、〝スイバのスープ〟〝シロツメクサ茶〟〝ドクダミ化粧水〟などの野の草花を使った料理やお茶、コスメなどのレシピも。第三章には薬草・毒草がまとめられていて、かわいいだけではない草花の世界を知ることができます。

いままで「雑草」とひとくくりにしていた存在が、こんなにも多種多様で魅力に満ちているなんて。この本を読み終えたら、きっと足もとにちょこんと根を張る存在が愛おしく思えてくるはずです。

================

著:森乃おと
イラスト:ささきみえこ

大きさ:16×12cm
ページ数:288ページ
初版:2017年1月

ラッピングについて »
メッセージカードについて »
熨斗について »
お気に入りに追加する

なにをお探しですか?