パーソナライズのたのしみ

言葉に元気をもらう

ギフトグラフィでの商品化に向けて、何度も試作している刻印入りのコップ。
どんなデザインだったらうれしいだろう。どんなものならそばに置いておきたくなるだろう。そんなことを考えながら、今回は短い英文を刻んでみることにしました。

いくつかの候補の中から選んだのは、「Always be yourself=いつも自分らしくありなさい」。
周りの変化や雰囲気に影響を受けやすく、なにかと焦ってしまいがちなわたしにとって、自分らしくあるのはなかなか難しいこと。
本当はのんびり、じっくり進める性格なのに、てきぱきした人に憧れて無理をしてしまったり。そんな自分にぴったりな言葉かなと、このフレーズを選びました。

▲少しでもテンションを上げようと、自分の好きなものを集めた自宅のデスク

在宅ワークのときは常に手元に飲みものを置いておくのですが、ふと目に入るコップに刻印された言葉に、ちょっと気持ちがリラックス。無理せず自分のペースでがんばろう、と思えます。

▲自分らしくあれる時間、読書と編みもののお供にも

実は携帯の壁紙も「しあわせなことを考えたら、あなたも太陽のように輝くよ」といった意味の英文にしていて、落ちこんだ日にはじっくり読んで、前向きな気持ちに切り替えています。

ブラッシュアップ中のこのコップも、そんな風にだれかの気持ちをほっと和らげるような存在になれたらいいなと思っています。

スタッフ teruyama

GIFTGRAPHY担当。

最近は贈りものとしてのお菓子をきちんとつくれるようになりたくて、お菓子の試作を繰り返す日々。 あげる人、あげたい人がいるからこそ、なにかをつくるモチベーションになるのだなと実感しています。


なにをお探しですか?