New

the linen bird home

[TLB HOME]リネンクロスコーヒーフィルター

LIBECOのオーガニックリネンのはぎれで、洗ってくり返し使えるコーヒーフィルターをつくりました。コーヒー豆のしっかりとした、深い味わいが楽しめます。


■すぐ乾くリネンは、キッチンにぴったりな素材

LIBECOのベッドリネンを仕立てる時に、必ずできてしまうリネンの小さなはぎれ。そのはぎれを活用し、洗ってくり返し使えるコーヒーフィルターをつくりました。

リネンは吸水性と速乾性に優れた天然素材。また、繊維が丈夫で水分を含むと強度を増す力がリネンにはあるので、台所でくり返し使うものに適しています。
▲今回は、オーガニックリネンヘリテージのフラックスとアッシュのはぎれを使いました


▲薄紙のパッケージに2枚入り。贈りものにもどうぞ

フィルターは、コーヒー1~4杯用のドリッパーに適したサイズの円錐形。柔軟性がありますので、縦横折り曲げることで、様々なドリッパーに合います。


▲円錐式ドリッパーに合わせて。左から1~4杯用、1~2杯用

▲先を折り畳んで、台形式ドリッパーに合わせて。1~2杯用
▲高さが余って、フィルターが不安定な場合は折り返して。いずれも1~2杯用

 

■はじめの準備とおいしいコーヒーの淹れ方

まず、はじめて使う時の手順。予洗いし、必ず煮沸してからお使いください。

1. 手でやさしく、水道水でフィルターをよく揉み洗いします(洗剤は使わないでください)。
2. 鍋にお湯を沸かし、3分程度煮沸消毒します。生地の灰汁や香りが気になる場合は、水を変えて長めに(10分~)行ってください。
3. フィルターの粗熱がとれたらおしまいです。


繊維特有の香りを除くため、コーヒーの粉を少し入れたお湯で煮沸してもよいです

あとは、ペーパーフィルターを使う時と同じ手順で淹れていきます。コーヒーをおいしく淹れる5つのポイントはこちらで詳しくご紹介しています。

4. ドリッパーにフィルターをセットし、沸かしたお湯を回し注いでドリッパーとサーバーを温めます。

▲お湯を注ぐことで、ドリッパーにフィルターがしっかりと添います

5. サーバーのお湯を捨て、フィルターに挽いた豆を入れ(1杯分の目安:15g~ お好みで)、お湯を少しだけ注ぎ豆を蒸らします(40秒~)。


6. 豆のいい香りがたちました。あとはじっくりお湯(1杯分の目安:250g~)を数回に分けて注いだら、おいしいコーヒーのできあがりです。



▲同じ条件で、ペーパーフィルターとの使用感を比較してみました。お湯の透過速度はリネンクロスの方が少しゆっくりめです。また、豆の苦味が酸味が強く感じられました

コーヒー豆の挽き目は、深煎りの場合は中挽き(ネルドリップなどに適した粒度)、浅煎りの場合は
中細挽き(ペーパードリップに適した粒度)からお試しください。

▲好みに合わせて豆の挽き目や量、お湯の注ぐ速度を調節してみてくださいね

 

■淹れた後のお手入れと、2回目以降の使い方

フィルターに残った豆殻は、裏返しして大まかに拭い捨て、水道水でやさしく洗い流します。水分をよく絞り、形を整えて干しておしまいです。


乾きが速いので、生乾きになりにくく衛生的

▲コーヒーの染色が気になる場合は、10分間ほど浸水させておくとある程度自然にとれます。フィルターはご使用前後に適宜、煮沸洗浄をしていただくと清潔に気持ちよく使えます

-----------

生地:ベルギー製 リネン100%(糸:ポリエステル100%)、縫製:日本
2枚入り サイズ:W18cm x H13cm(1~4杯用)

※はじめてご使用する前は、3分程度必ず煮沸洗浄してください。
※生地の灰汁や香りが気になる場合は、水を変えて長めに(10分~)煮沸洗浄してください。
※適宜、煮沸または湯通しをすると、気持ちよくお使いいただけます。
ご使用後は粉を水で洗い流し、形を整えて干してください。
汚れが気になるときは煮沸洗浄してください。湯どおしよりも煮沸した方が汚れが落ちます。
※洗剤は使用しないでください。
強く引っ張たり裏返しをすると、縫い目が裂けますのでご注意ください。
※天然素材の特徴で、多少毛羽が落ちたり縮みが見られます。
※コーヒーメーカーでのご使用も可能です(加熱のしっぱなしにご注意ください)。

※こちらの商品は衛生上、お客様都合でのキャンセル・返品・交換を承れません。
※画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なります。

ラッピングについて »
メッセージカードについて »
熨斗について »
お気に入りに追加する

なにをお探しですか?